お守りカードなら、開運と厄除の効果がすごいお守りカードをどうぞ!
蛸薬師堂について お守りカードについて  お問い合わせ 特定商取引に基づく表示 個人情報保護方針 

 WWW.TAKOYAKUSHIDO.COM

 蛸薬師堂について

蛸薬師堂は、正式な名前を「浄瑠璃山 林秀院 永福寺」と言い、元は二条室町にありました。養和元年(1181年)安徳天皇の御世、室町に一人の富者がおり、髪を落とし林秀と号していました。比叡山の根本中堂の薬師如来様を深く信仰しており、比叡山までの月参りを長年にわたって行っておりました。老年になったある日、薬師如来様の仏前で、「私も、年老いて年来の月参りも出来なくなります。どうか薬師如来様のお姿を一体お与え下さい。」と祈願いたしました。その夜、夢枕に薬師如来様が現れ、お告げになられました。「昔、伝教大師(最澄)が、私の姿を石に彫り、比叡山に埋めている。これを持ち帰るがよい。」 林秀は大喜びし、翌日薬師如来様の示された所を掘ると、瑞光赫々とした立派な石の御尊像を得る事が出来ました。この尊像を持ち帰り、六間四面のお堂を建立し永福寺と名付けましたのが、蛸薬師堂の始まりです。以来、利生盛んで、たくさんの老若男女が参詣し門前も栄えたということです。後深草天皇の御世、建長(1249~1256年)の初めの頃善光と言う僧がこの寺に住しておりました。ある時、母が病気になり寺に迎えて看病していましたが、一向に病はよくなりませんでした。母は、「子供の頃から好物だった蛸を食すれば病が治るかもしれない。」と善光に告げました。しかし、善光は僧侶の身で、蛸を買いに行くことを躊躇しておりましたが、病弱な母のことを思うといてもたってもいられず箱をかかえて市場に出かけ、蛸を買って帰りました。これを見た町の人々は僧侶が生魚を買った事に不審を抱き、善光のあとをつけて寺の門前で、箱の中を見せるようにと彼を責めました。善光は断ることも出来ず、一心に薬師如来様に祈り「この蛸は、私の母の病気がよくなるようにと買ったものです。どうぞ、この難を助け下さい。箱を開けると蛸はたちまち八足を変じて八軸の経巻となり霊光を四方に照らしました。この光景を見た人々は皆合掌し、南無薬師如来と称えると不思議なことに、この経巻が再び蛸になり、門前にあった池(今の御池通の由来となった御池)に入り、瑠璃光を放って善光の母を照らすと、病気はたちまち回復しました。それ以来、蛸薬師堂の蛸薬師如来様と称されるようになり、この地で病気平癒を祈れば、身体の病だけでなく心の病もたちまち回復し、子を望めば生じ、財を願えば叶い、嘉吉元年(1441年)に、後花園院の天聴に達し勅願寺となりました。「蛸薬師堂の由来」






 Copyright (C) 2018 www.tokoyakushido.com All Rights Reserved.